見たい部分をクリックしてください。そのページが表示されます。
会社案内
 >ご挨拶
 >会社概要
 >会社沿革
 >組織機構
 >販売担当者名簿
 >設備紹介
 >アクセスマップ
求人情報
 >新卒採用
 >中途採用
業務内容
 >青果物の流通
 >市場の一日
 >取扱高の推移
出荷者様向情報 買参人様向情報 市況情報
 >野菜
 >果実
旬の野菜フルーツ
 >旬の野菜・果実
 >産地カレンダー
野菜・フルーツお役立ち情報 市場カレンダー アクセスマップ
 >県内マップ
 >近郊マップ
お知らせNEWS いわきの農産物 いわきってどんなとこ?

       
 このページではいわき市中央市場内の最新のお知らせやニュース、いわき市内・市外の各種イベントなどを掲載しておりますのでぜひご利用願います。なおこの他にもいろいろな情報、楽しい情報などご存知でしたらお知らせください。その都度このページで紹介していきたいと思います。


                                             平成23年3月

                東北地方太平洋沖地震など災害について

 日頃より、当社青果物流通に関しまして多大なるご指導、ご高配をいただき厚く御礼申し上げます。
 この度の東北地方太平洋沖地震および津波の影響により当地区でも甚大な被害が発生し、さらに福島第一原子力発電所の事故により県内の一部において避難指示の発表。また一部出荷野菜などから基準値以上の放射線物質の検出により出荷停止や自粛処理を執って現在に至っております。
 関係者の皆さまにはたいへんご心配をお掛けしておりますが、幸い当市場は若干の建物の損壊などはあったものの現在通常営業をいたしております。
 今日現在、県内はじめ各県より出荷自粛制限の無い農産物の集荷・販売を行なっておりますが、とくに福島県産品に対する風評被害による販売不振、さらに小売店・量販店などの店舗の休業・いわき市の名所の一つ 塩屋埼灯台復旧遅延などまだまだ厳しい販売状況が続いております。
 そのような日々厳しい環境のなか、当市場ではとくに安心・安全な農産物を皆さまに届けられますよう役職員一同、精一杯努力しておりますので今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
 最後になりましたが当社同様、この度の東北地方太平洋沖地震において震災の被害を受けられた皆様方には心よりお見舞いを申し上げるとともに、一日もはやい復興と皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
福島第一原子力発電所事故にともなう農産物の摂取及び出荷制限について
 只今、国や県からの指導により一部農産物において摂取及び出荷自粛などが実施されております。市福島県のマーク、県のマスコット「キビタン」場関係者の皆様にはたいへんご不便をお掛けいたしておりますがよろしくお願い申し上げます。

 ※詳しくは「ふくしま新発売。(福島県) 東電福島原発事故による出荷制限等一覧のページ」をご覧ください。
     (このページの情報は日々更新されておりますので毎日ご確認ください。)

『食べて応援しよう!』キャンペーンについて
 『食べて応援しよう!』とは、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、東京電力福島第一原子力発電所の事故などの影響から、国をはじめ幅広い分野の企業など多様な関係者と連携してとくに風評被害を食い止め、被災地およびその周辺地域で生産・製造されている農林水産物や加工食品を積極的に消費することで、被災地の復興を応援する全国的な取組です。現在実施されている、または今後予定されている「食べて応援しよう!」ここをクリックすると農林水産省『食べて応援しよう!』のページが表示されます。についてのイベント情報は下記の農林水産省ホームページをチェックしてみてください。

 ※『食べて応援しよう!』の取組には当社も積極的に情報提供など協力しています。
 詳しくは「
農林水産省「食べて応援しよう!」のページ 」をご覧ください。

~いわきを元気にしたい~いわき見える化プロジェクト『見せます!いわき情報局』の取り組みについて
 東京電力㈱福島第一原子力発電所の事故による風評被害により、いわき市の農林水産業は非常に厳しい状況にあります。このような状況を打破するため、いわき市では「がんばっぺ!いわき」のキャッチフレーズのものと、農林水産業の復興に取り組んでいます。
 いわき見える化プロジェクト『見せます!いわき情報局』では、風評被害払拭のため、いわきの農林水産業に関する様々な情報をお届けしてまいります。

ここをクリックするといわき市『見せます!いわき情報局』のページが表示されます。 ※「いわき見える化プロジェクト」のキャンペーン開催には当社も積極的に協力しています。
 詳しくは「 いわき市『見せます!いわき情報局』のページ 」をご覧ください。

  • 2018/2/14 平成29年度 第5回 市場協会料理教室が開催されました。
     一般の消費者の方々を対象に、いわき市中央市場協会の主催による『平成29年度第5回料理教室』がいわき中央市場内調理室において開催されました。
     当日は定員いっぱいの38名もの皆さまが参加され、いわき市生涯学習市民講師 大町先生 の丁寧で分かりやすいご説明のもと、簡単で美味しい料理法をご指導していただきました。
    ここで楽しく和気あいあいとして行われた料理教室の様子を写真でご紹介しましょう。

    メニューは旬の野菜をたっぷり使った栄養満点・美味しい『ごぼうとれんこんのうま煮』、さらに『しいたけと豚肉の炒めもの』でした。
    料理教室の開会のときの様子、試食会の様子
    ■料理教室の開会の様子、参加者の皆様よる試食会の様子
    ■料理教室での様子(1)
    『ごぼうとれんこんのうま煮』教室風景
    料理教室の風景
    料理教室の風景
    ■料理教室での様子(2)
    『しいたけと豚肉の炒め』教室風景
     さて、次回もまた料理教室を行う予定になっております。日程が決まりましたらまたこのページでご紹介しますのでたくさんの方々のご参加をお待ちいたしております。
  • 2018/10/10~11/25 第64回二本松の菊人形 が開催される
     福島県二本松市の霞ヶ城公園において10月10日から11月25日までの期間、『第64回二本松の菊人形』が開催されます。
     菊人形の歴史は古く、二本松では藩政時代より菊の愛好者が多く昭和初期から菊人二本松の菊人形のちらし ここをクリックすると「二本松の菊人形」のページが表示されます。形が町に飾られていました。その後、昭和30年から始まり、回を重ねるごとにスケールと豪華さを増し、今では国内最大の菊人形展であり「日本最大の菊の祭典」としても知られております。
     毎年県立霞ヶ城公園を会場に、期間中は約2ヶ月に渡り開催されますが、期間中は広大な会場に3万株もの菊が咲き誇り、紅葉と共に人々の目を楽しませてくれます。同時に二本松菊花品評大会、福島県菊花品評大会なども開催され、毎年約15万人もの入場者で賑わいを見せています。
     戊辰の役から150年にあたる今年、二本松の菊人形は、「戊辰150年~信義×二本松少年隊~」をテーマに、幕府への義、隣藩会津への義を貫いた二本松藩と、ふるさとを守るために戦った二本松少年隊のエピソードなどを美しい菊人形で表現するそうです。
     また今年は新企画とし「にほんまつMumフェスティバル2018」が開催されます。Mum(マム)とは「菊」の別名で、主に欧米で品種改良された菊がマムと呼ばれて呼ばれています。近年では、重陽の節句や母の日、ブライダルなどでも使われ人気になりつつあり、二本松市内でも様々な色・形のおしゃれなマムが栽培されています。これまでの伝統的な菊のイメージと違った様々なマムを使った作品の展示や体験ワークショップ、アトラクションなど新な菊・マムの魅力を体感ください。

     さらに同会場では毎年恒例の「霞ヶ城公園紅葉まつり」、「二本松市物産展」も同時開催されます。
    日本最大級の規模で開催される二本松の菊人形にぜひ皆さまお越しください。

     ●福島県菊花品評大会
       福島県内の菊花愛好者団体の皆さんが丹精込めて作り上げる「大菊三本立て(盆養)」が約250点出品
       されます。三つの花の大きさ、バランス、気品、開花の揃いや三枝の高さと仕立て方、茎葉と花の調和、
       病害虫の有無などを総合的に審査し、最優秀作品には「内閣総理大臣賞」が授与されます。
     ●二本松菊花品評大会
       二本松市内の菊花愛好者団体「二本松菊花愛好会」の会員の皆さんから、18部門、約700点が出品され
       その技を競います。それぞれの部門ごとに審査し、「大多輪(千輪咲)」の部の最優秀作品には「法務
       大臣賞」が授与されます。

     ■開催日時:平成30年10月10日(水)~11月25日(日)午前9時~午後4時まで
     ■開催場所:霞ヶ城公園(国指定史跡 二本松城跡)二本松の菊人形(イメージ)
           福島県二本松市郭内3丁目232
     ■入 場 料:一般大人 700円(18歳以上)、高校生以下18歳未満 無料
     ■同時開催:福島県菊花品評大会(菊花展ゾーン)
           二本松菊花品評大会(菊花展ゾーン)
           霞ヶ城公園紅葉まつり
           二本松物産展
     ■ホームページ:
           二本松の菊人形
           二本松菊人形のパンフレット
           にほんまつMumフェスティバル2018
           にほんまつMumフェスティバル2018のパンフレット
     ■駐 車 場:あり(無料)大型バス 50台、普通車 500台
      ※期間中は二本松駅~菊人形会場までシャトルバスが毎日運行されますので是非ご利用ください。
    (詳しくは二本松市役所 観光課内 二本松観光振興係(電話(0243)-55-5122) までお問い合わせください。
  • 2018/10/13~14 フラワーセンター・オータムフェスティバル2018が開催される
     いわき市内いわき市フラワーセンターで毎年4回(春夏秋冬)開催されるイベント、秋の『オータムフェスティバル2018』が開催されます。
     体験コーナーでは人気の押し花絵キーホルダーやフラワーボトル作成、寄せ植え作りのほかにガラス細工や竹細工作りなどもあり、手作りの作品を持ち帰ることができる体験コーナーが充実。いわきフラワーセンター オータムフェスティバル2018のポスター展示コーナーでは洋らんなどの展示。アトラクションではふわふわ遊具で遊ぼう、金魚すくい、変わりメダカすくい、射的など。さらにステージではフラダンス、ジャグリングショーやバンドライブも行われ、子供から大人まで誰もが楽しめるイベントです! 。
     また10月はハロウィン。ハロウィン仮装コーナーでお気に入りの仮装をして記念撮影もできます♪。ぜひ皆さまお越しください。

     ■開催日時:平成30年10月13日(土)~14日(日)
           午前10時~午後4時まで
     ■開催場所:いわき市フラワーセンター
           いわき市平四ツ波字石森116番地
     ■料  金:入園無料、体験コーナーなどは有料
     ■ホームページ:いわき市フラワーセンターのページ
     ■イベント内容:
    コーナー名 イ ベ ン ト の 内 容
    展示コーナー   洋らんの展示(いわき蘭友会)
       おもとの展示(日本おもと協会いわき支部)
    体験コーナー
    10:00~16:00

          
     押し花絵キーホルダー作成(参加費500円) 
       フラワーボトル作成(参加費800円)
       ガラス小物アクセサリー作り ※14日のみ(参加費800円)
       ガラス絵作り(参加費800円) 
     はんこプリントバック作り(参加費500円)
     寄せ植え作り(参加費600円~)
     消しゴムはんこ彫り(参加費600円)
     木の枝クラフト作り(参加費300円~)
     植木鉢・一輪挿し作り(参加費800円~)
       タイルクラフト(参加費500円~)
     ペーパークラフト(参加費500円~)
     トールペイントでハロウィンのプレート作り(参加費500円)
     インサイダーバルーン作り(参加費500円)
       木製プランター作成(参加費900円~)
       木製鉢用チェア作成(参加費600円~) 
       木製フラワースタンド作成(参加費1,300円~)
       竹細工(参加費200円~)
       手描きのカップ作り ※14日午前のみ(参加費700円)
       ハーバリウム作り(参加費1,000円)※場所:レストハウス
    ステージ
    ショー
     ゴスペルライブ、ジャクリングショー、バンドライブ
     スパリゾートハワイアンズ・ファイヤーナイフダンス、フラダンス
     高校生フラダンス など
    アトラクション
    など
     ふわふわ遊具で遊ぼう!(1日遊び放題フリーパス500円)
     変わりメダカすくい(1回300円)
       金魚すくい(1回200円) 
     射的(3玉100円)
       同時開催
    イベント 
     Mahalo Laiki Day 2018! ~新米Iwaki Laiki 感謝の日~
       魅惑の果実DAY ~IWAKI FRUITS☆GARDEN~ 
       ハンドメイド雑貨市
    直売・
    飲食売店コーナー
     季節の花苗木・野菜等の即売、さつき等の販売、山野草の即売、
     手作り用品の販売、臨時飲食売店 など
    (詳しくはいわき市フラワーセンター(電話(0246)-22-5667)までお問い合わせください。)

いわき地域情報ポータルサイト(玄関口)~ここをクリックしてみてください。「いわきのすべて」と「いわきの今」を伝える~いわき市の地域ポータルサイト『いわき地域情報総合サイト』をぜひご覧ください。
いわき市でのイベント関係の情報が日ごとに掲載されております


平成29年10月~11月 いわき市中央市場開設40周年記念市場まつり、記念式典が開催されました
40周年記念市場まつりの様子 いわき市中央市場は昭和52年9月に開設され、この度お蔭様をもちまして40周年を迎えることができました。
 これもひとえに国・県・市の関係機関の方々のご指導と市場関係業界の皆様のご尽力によるものと心より感謝申し上げます。

 ついてはいわき市中央卸売市場開設40周年を祝い、平成29年10月29日、市場を一般開放し、約1万人以上のご来場者で賑わった『市場まつり』。40周年記念式典の様子
また11月14日には市場関係者により盛大に『開設40周年記念式典』を開催しました。
そのときの様子を下記のページで紹介しておりますのでぜひご覧ください。

この部分をクリックすると『市場開設40周年記念特集ページ』が表示されます。

 『いわき市場開設40周年記念特集ホームページ』
       


 食事バランスガイドについて

 健康な体を維持して食生活を送るためにはバランスのよい食事をすることが大切です。
しかしバランスのよい食事というのはどのよう食事バランスガイド(農林水産省)ホームページはここをクリックしても表示されます。な食事なのでしょうか?・・・。わからない方も多いと思います。
 そこでこの"バランス"をわかりやすく示すため、一日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかをイラストで示した「食事バランスガイド」が平成17年6月に農林水産省と厚生労働省から発表されました。
 1日分の適量と料理のバランスを1つ、2つと数えて合計数でチェックする食事法となっています。
下記のページをご覧になって1日分の自分の適量をチェックしてみてください。


 農林水産省「食事バランスガイド」ホームページはこちら



 食品に残留する農薬などに関する新しい制度(ポジティブリスト制度)について

 平成15年5月の食品衛生法改正に基づき、食品中に残留する農薬、飼料添加物および動物用医薬品(農薬など)について、一定の量を超えて農薬などが残留する食品の販売等を原則禁止するという新しい制度(ポジティブリスト制度)が平成18年5月から施行されております。
 従前の食品衛生法の規制では、残留基準が設定されていない農薬などが食品から検出されても、その食品の販売等を禁止するなどの措置を行うことができませんでした。残留農薬などに関する新しい制度(ポジティブリスト制度)では、原則、すべての農薬等について、残留基準(一律基準を含む)を設定し、基準を超えて食品中に残留する場合、その食品の販売などの禁止を行うこととしたものです。
 残留基準が設定されていない農薬については、国際基準などを参考にした「暫定基準」が、また国内外の基準がないものには「一律基準」が設定されます。「一律基準」には人の健康を損なうおそれのない量として、0.01ppmという厳しい値が定められ、隣接圃場から飛散(ドリフト)したわずかの農薬が他の農作物に付着したり、土壌に残留した農薬が後作物に吸収されるなどで、この基準を超過する事態も懸念されますので注意が必要です。(
ポジティブリスト制度は平成18年5月29日から施行されております。)
 なお、この制度の詳細については各種機関のホームページなどで紹介されております。以下にその一部の参照リンクをのせましたのでぜひご覧ください。

■参照リンク
 
食品中に残留する農薬などのポジティブリスト制度について(厚生労働省)
 分野別施策[食品中の残留農薬など]について(厚生労働省)

 
農薬の飛散防止対策(農林水産省)
 
残留農薬のポジティブリスト制度と農薬のドリフト対策について(農林水産省)

 
農薬散布技術情報 (社団法人 日本植物防疫協会)
   ・・・・・農薬の飛散防止情報 地上防除ドリフト対策マニュアルなど

 ●ポジティブリストで残留農薬を調べてみよう (フジテレビ商品研究所)
   ・・・・・残留農薬データベース 農作物や農薬からみた残留農薬基準の検索システム



 生鮮食品に近い加工食品にも原料の原産地の表示が必要です

 これまで生鮮食品と一部の加工食品の原材料だけに原産地表示が義務づけられていましたが、平成16年9月にJAS法に基づく加工食品品質表示基準が改正され、生鮮食品に近い加工食品についても主な原材料の産地表示が義務づけられました。(主な原材料とは原材料に占める重量割合が50%以上のものをいいます)
 下記の農産加工食品を生産されている方はこれに該当しますので、詳しくはこちら(農林水産省食品表示とJAS規格)をご覧ください。
 また、これに関する質問などありましたら当社の販売担当者までご相談ください。
(この法律は平成16年9月14日から実施されており平成18年10月1日までの移行期間があります。)
 
 
●乾燥きのこ類、乾燥野菜および乾燥果実(フレーク状及び粉末状にしたものを除く)
  
乾燥しいたけ、乾燥スイートコーン、かんぴょう、切り干しだいこん、干し柿、干しぶどう等
 ●塩蔵きのこ類、塩蔵野菜および塩蔵果実
  
塩蔵きのこ等
 ●ゆで、又は蒸したきのこ類、野菜及び豆類類並びにあん

  (缶詰、瓶詰及びレトルトパウチ食品に該当するものを除く)

  ゆでたたけのこ、ゆでたぜんまい、下ゆでしたごぼう、ふかしたさつまいも、ゆでた大豆、生あん等
 ●異種混合したカット野菜、カット果実、その他野菜、果実及びきのこ類を異種混合したもの

  (切断せずに詰み合せたものを除く)

  カット野菜ミックス、カットフルーツミックス等
 
●緑 茶
  普通煎茶、玉緑茶、玉露茶、抹茶、番茶、ほうじ茶等
 
●も ち
  
まるもち、のしもち、切りもち、草もち、豆もち等
 ●いりさや落花生、いり落花生及びいり豆類
  いりさや落花生、いり落花生、いり大豆等
 ●こんにゃく
  板こんにゃく、玉こんにゃく、糸こんにゃく等



▲当社のホームページをご覧いただく際には 『 表示文字サイズを 』 にしてご覧になることをお薦めします。▲
※当サイトでは、文字の表示サイズを変更することができます。詳しくはこちらをご覧ください。


株式会社 平果
〒971-8139 福島県いわき市鹿島町鹿島1番地 TEL 0246-29-6211  FAX 0246-29-6220 E-mail soumu@heika.co.jp