見たい部分をクリックしてください。そのページが表示されます。
会社案内
 >ご挨拶
 >会社概要
 >会社沿革
 >組織機構
 >販売担当者名簿
 >設備紹介
 >アクセスマップ
求人情報
 >新卒採用
 >中途採用
業務内容
 >青果物の流通
 >市場の一日
 >取扱高の推移
出荷者様向情報 買参人様向情報 市況情報
 >野菜
 >果実
旬の野菜フルーツ
 >旬の野菜・果実
 >産地カレンダー
野菜・フルーツお役立ち情報 市場カレンダー アクセスマップ
 >県内マップ
 >近郊マップ
お知らせNEWS いわきの農産物 いわきってどんなとこ?


野菜・果実の産地出回りカレンダー

 野菜・果実の産地出回り
   カレンダーです。
 今が旬の野菜・フルーツや新商品、特にお薦めしたい商品などをこのページで紹介しております。またそれに係わる楽しい情報などもこれから提供していきたいと思いますので是非ご覧ください。(このページはその都度更新しております。)

ここで紹介している商品は日々更新されています。
【野菜・果物辞典より】



お馴染み、味の素さんのサイト。おすすめレシピ、 献立アイディアなどの情報が満載です。
下の商品の画像をクリックしてみてください。その商品の詳しい説明のページに移動します。
だいこん(青森)
だいこん(青森)
なす(栃木)
なす(栃木)
トマト(いわき)
トマト(いわき)
夏秋きゅうり(福島)
夏秋きゅうり(福島)
とうもろこし(岩手)
とうもろこし(岩手)
キャベツ(群馬)
キャベツ(群馬)
いんげん(いわき)
いんげん(いわき)
ぶなしめじ(宮城)
ぶなしめじ(宮城)
たまねぎ(北海道)
たまねぎ(北海道)
かぼす(大分)
かぼす(大分)
紅あずまかんしょ(茨城)
紅あずま甘藷(茨城)
下の商品の画像をクリックしてみてください。その商品の詳しい説明のページに移動します。
川中島白桃、ゆうぞら桃、幸茜・さくら白桃(福島)
白桃類、ゆうぞら(福島)
幸水・豊水なし(いわき)
幸水・豊水なし(いわき)
温室みかん(大分)
温室みかん(大分)
サンつがる(福島・青森)
サンつがる(福島・青森)
デラウェア(山形)
デラウェア(山形)
ロザリオビアンコ(山梨)
ロザリオビアンコ(山梨)
高尾・ピオーネ・巨峰(福島)
高尾・ピオーネ・巨峰
(福島)
 
刀根早生かき(和歌山)
刀根早生かき(和歌山)
くり(茨城)
くり(茨城)
いちじく(いわき)
いちじく(いわき)
■ 当社のホームページをご覧いただく際には 『 表示文字サイズを 』 にしてご覧になることをお薦めします。 ■
※当サイトでは、文字の表示サイズを変更することができます。詳しくはこちらをご覧ください。


今月のおすすめやさい


だいこん(青森)
だいこん(青森)

■品 名 だいこん
■品種名 青首だいこん
■産 地 青森県 JA十和田おいらせ ももいし
■入荷時期 5月下旬〜10月下旬
■最盛期 9月中旬〜10月上旬
■担当者からのコメント
いよいよ秋の味覚の代表、秋刀魚(さんま)の美味しい時季を迎えました。そのお供に是非欲しいのがだいこんおろし。そこで生産量全国第3位、青森産「だいこん」の登場です。
JA十和田おいらせ/ももいし地区は青森県の東南部に位置し、西から東の太平洋に向って傾斜した台地からなり、夏には偏西風(やませ)と呼ばれる太平洋からの冷たい風が吹き、冬には気温は低いものの降雪量は少なく、青森県内では最も雪が少ない地域です。夏でも比較的冷涼な青森の気候が、品質の優れた美味しいだいこんを作るのです。
青首だいこんという品種は、水分が多くやわらかで、煮崩れしにくく、おろしにしても辛味が少ないのが特徴です。一本で首の部分は辛味が弱く、ビタミンCが多く含まれているので生食用としてサラダなどに、真ん中の部分は最も甘みがあるのでふろふき大根などの煮物に、下の方は辛味があるのでおろしにと使い分けできます。お店で1/2にカットされているものを買うときはよく使用法を考えて買いましょう。
さて、だいこんはさまざまな効能があり、だいこんの根の部分には消化酵素のジアスターゼやビタミンC、食物繊維など内臓を整える役割をする成分が豊富に含まれ、食欲増進や消化を促進する働きがあり、有害物質の排泄やがん細胞の抑制、美肌効果もあるといわれております。
だいこんは野菜の中で生産量、作付面積ともにナンバー1の商品です。健康的にも優れており旬の味としても欠かせない美味しい青森産「だいこん」を是非ご賞味ください。
■美味しいだいこんの選び方
まず葉付きがあればぜひ葉付きを選んでください。葉にもたくさんの栄養が含まれているからです。
葉先がみずみずしく、根の部分は白く、きめこまかく、張りと光沢のあるもの。茎の切り口に「ス」が入っていないもの。またひげ根やくぼみがなく、丸みが円形で持ってみてずっしりと重いものがよいでしょう。


■だいこんの保存法
保存の適温は5℃前後です。
泥付きなら土の中もしくは新聞紙などに包んで暗い場所に、洗った物は適度な湿度を保つためにビニール袋、新聞紙、ラップなどに包んで冷蔵庫で保存してください。
新聞紙に霧を吹いておくとよいでしょう。
大根おろしは水気を切って冷凍保存しておくことができます。予め小分けにしておくと便利です。
■販売担当者
執行役員 蔬菜第二部 部長
今泉 久俊


今月のおすすめやさい


なす(栃木)
なす(栃木)

■品 名 なす
■品種名 美なす
■産 地 栃木県 JAなすの
■入荷時期 5月上旬〜10月下旬
■最盛期 6月〜9月
■担当者からのコメント
栃木県JAなすの管内より、特産品「那須の美なす」が出回っております。同JAは栃木県の北端に位置し、広大な耕地を生かして水稲や畜産、園芸が盛んで、農産品では特になす・ねぎ・うどなどが知られています。
那須の美なすは5月から10月まで出荷される夏秋タイプのなすで、鮮やかな紫紺色、淡白でいて独特の味わいと香りがあり、皮がやわらかく形状もよい。一年を通じて味も色つやも抜群です。同JAなす部会では品質のよいなすを生産するために優れた栽培技術を導入し、また出荷時期や栽培面積の拡大などにも力を入れており、消費者への供給基地となっています。
さて、茄子紺といわれるなす特有の色にはナスニン(アントシアニン色素)というポリフェノールの一種が含まれており、ガン予防に効果があるといわれています。またポリフェノールには血管をきれいにし、高血圧や動脈硬化を予防する働きもあります。
なすの場合、このポリフェノール(ナスニン)が皮の部分に多く含まれており、漬け物に鉄くぎなどを入れる習慣にはナスニンが鉄イオンと結合して色よく仕上がるだけでなく、色素を安定させることによりナスニンを多く摂取できる効果もあるのです。さらになすにはアルカロイドやフラボノイドなどの抗ガン作用のある成分も認められています。なすに含まれているコリンはビタミンの仲間で記憶力をアップし、血圧を下げる働きがあり、胃液の分泌や肝臓の機能を高め、食欲不振や体の疲れを改善してくれるほか、体を冷やす働きを持ち、炎症や痛みを抑えてくれます。
なすは低カロリー野菜というだけでなく、いろいろな効能もある美味しい野菜です。
「那須の美なす」は名前のとおり、他のなすに負けない「絶世の美女」を目指しています。ほとんど黒といってもよいほど紫紺色が極めて濃く、艶のある美なすは、魅力ある一品です。
これから秋に向かって、煮てよし、焼いてよし、揚げてよしと和食・洋食・中華とどんな料理法でも美味しくいただける夏秋野菜の代表格、栃木産「那須の美なす」を是非たくさんお召し上がりください。

※毎月17日は国産なす消費拡大の日です。
4月17日の「なすび記念日」とともに、毎月17日をなすの消費を増やす日にすることが目的。 記念日の4月17日は「よ(4)い(1)な(7)す」と読む語呂合わせと、なすびが好物であった徳川家康の命日に因んだもの。「なすび記念日」「国産なす消費拡大の日」は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されました。
■美味しいなすの選び方
丸みを帯び、表面にくすんだ日焼けのあとのないもの。紫色が濃く、パンと張っていて艶のよいもの。ヘタについたとげがチクチクと痛いくらいのものが新鮮です。

■なすの保存法
水分が蒸発しやすいのでラップに包んで常温保存を。冷蔵庫に入れると日持ちはしますが柔らかさがなくなり、味も落ちます。
熱帯原産の野菜なので、低温に弱いので冷えすぎは禁物。10度前後の涼しい所に保存してください。

■調理のコツ
酸化酵素の働きで切り口がすぐ黒ずむので切ったらすぐ水につけてアク抜きを。小さめの皿などを重石にして、なすが浮き上がらないようにします。また切り口に塩をふっておくのがよいでしょう。(油で炒めたり、揚げる場合はアク抜きの必要はありません。)
ヘタの下の実は詰まって美味しいので、ヘタごと実を切り離さないようにしたほうがお勧めです。
油との相性がよく、油を吸収する特性があります。しかも油っこくならず、まろやかになる。油で炒めてから味付けすると味を含みやすい。なすの揚げ煮のように油で揚げることにより、皮に艶が出て変色しにくくなる特性もあり、風味よく仕上がります。
皮の調理法はごま油で炒めてから、砂糖、みりん、酒、しょうゆで含め煮にしたり、塩漬けにして削りがつおを組み合わせるなど。
■販売担当者
蔬菜第二部 副部長
阿部  宏


今月のおすすめやさい


トマト(いわき)
トマト(いわき)

■品 名 トマト
■品種名 桃太郎トマト
■産 地 福島県 JA福島さくら いわき地区
    サンシャイントマト出荷協議会
■入荷時期 9月上旬〜翌年7月下旬
■最盛期 特になし(通年)
■担当者からのコメント
福島県JA福島さくらいわき地区サンシャイントマト出荷協議会より、9月から来年7月まで「桃太郎トマト」が安定供給されます。サンシャイントマト協議会とは、とまとランドいわき・サンフレッシュならは・大野水耕生産組合の3社で設立され、平成22年にはあかい菜園鰍煢チわりトマト生産技術の向上と経営の安定化、また消費者の食に対する安全・安心への要求が高まる中、農薬の安全使用基準の遵守、残留農薬の自主検査を徹底しております。
サンシャイントマトの名前は「太陽の光がさんさんとふりそそいでいる中、元気に育ったみずみずしく新鮮なトマト」をイメージしてネーミングされました。
化学農薬使用量を慣行栽培の1/3に抑え、播種から収穫まで一貫した管理体制で生産された高品質のトマトであることと環境にやさしい農業をコンセプトとした循環式ロックウール養液栽培を採用、また液肥の施肥量・タイミング・回数や温度・湿度・採光量などはコンピュータ制御されているため高品質でばらつきのない美味しいトマトが生産されるのです。またサンシャイントマトは完熟しても実が固く、薄く切っても実崩れしにくく、甘みが強いのが特徴です。
西洋では「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるくらいトマトには様々な効能があります。特にリコピンは心臓病やガンの原因といわれる活性酸素を退治してくれる抗酸化作用があり、抗酸化力はベータカロチンの2倍、悪玉コレステロールの抑制効果もあります。また生で丸ごと食べられるので、熱に弱いビタミンCや皮の部分に多い食物繊維も効率よく摂ることができます。なんとトマト1個で1日のビタミンC所要量の約40%の摂取ができるんです。
トマトのミネラルの中では特にカリウムの含有量が多いことから高血圧の改善に効果的で、また食物繊維のペクチンを含むことから便秘の改善、血糖値や血中コレステロール値の低下なども期待できます。また食欲が落ちたときにもトマトの甘酢っぱさが食欲を増進させる上に、酸味のもとであるクエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸には胃のむかつきを解消したり、消化を助ける働きがあるといわれています。
いわきの農産物にも指定されており、健康的にも優れている安全安心な旬の美味しいトマト、ほかのトマトとは一味違ういわき産「サンシャイントマト」を是非ご賞味ください。
■美味しいトマトの選び方
へたの緑色が濃く、ぴんと張っているのが新鮮である証拠。丸みがあってずっしりと重いものがみずみずしくて甘味も強いといわれています。(ためしに水に浮かべてみると美味しいトマトは沈みます。)柔らかすぎたり、へたの付近がひび割れているものは避けたほうがよいでしょう。

■トマトの保存法
赤く熟れたトマトは冷蔵庫で保存します。赤いトマトの場合常温下だと逆に2、3日で栄養素の30%が失われてしまいますが冷蔵庫での保存では4、5日はもちます。保存の仕方は、へたの部分を下にして、互いにつかないように並べ、ポリ袋の中に入れて口をしっかりと閉めて保存します。トマトは重なり合うとその部分から早く悪くなるためです。ビニール袋だとポリ袋よりも早く熟れてしまうのでポリ袋を使いましょう。

■サンシャイントマトについて
サンシャイントマトについての設備、栽培方法、栽培履歴などについて詳しく知りたい方はとまとランドいわきのホームページを是非ご覧ください。いろいろな情報が満載です。(とまとランドいわきさんはサンシャイントマト協議会の一員です。)
■販売担当者
取締役 蔬菜第一部 主管部長
三嶋 龍太郎


今月のおすすめやさい


夏秋きゅうり(福島)
夏秋きゅうり(福島)

■品 名 きゅうり
■品種名 きゅうり
■産 地 福島県 JAふくしま未来、
    JA福島さくら など
■入荷時期 6月下旬〜9月下旬
■最盛期 7月〜8月
■担当者からのコメント
福島県はJAふくしま未来、JA福島さくらなど県内各JAより6月から9月にかけ「夏秋きゅうり」が出回っています。
パリッとした歯ごたえと甘み、バランスのとれた水分とカタさが特長の福島県産きゅうり。現在は福島県統一ブランド「パワーグリーン」という名称で出荷され、県内全域で栽培、夏秋時期の収穫量で日本一を誇ります。厳選した肥料をつかい、手塩にかけたみずみずしいきゅうりは福島県農産物の重点品目に掲げられており、各JAとも品質の向上に日夜努力を重ねております。
さて、きゅうりは水分が9割以上で、ビタミンC以外の栄養的特徴はありませんが、その緑色のすがすがしさと特有の香り、シャキッとした歯切れのよさとみずみずしさを味わう野菜です。
民間療法では、解熱作用、食欲不振を治し、利尿作用の効果があるとされています。これはカリウムを含んでいるためで、カリウムは塩分を体外に運び、血圧の上昇を防いだり、筋肉の働きをよくする成分です。
きゅうりは漬物はじめ、和食・洋食・中華とさまざまな料理にマッチする使いやすい食材で、これからご家庭でなくてはならない野菜の一つだと思います。むくみ、だるさや消化不良の解消、食欲増進、夏ばて解消などに今まさに旬の野菜、健康野菜、福島産「夏秋きゅうり」をこれからの時季、サラダ・酢の物などいろいろな料理法で是非たくさんお召し上がりください。
■美味しいきゅうりの選び方
きゅうりは何といっても鮮度が命です!。
きゅうりは生で食べることが多く、他の野菜と比較しても「鮮度、食感=おいしさ」の野菜ですのでしっかり鮮度を見極めましょう。ポイントは全体的に濃い緑色でつやがあり、表面のとげがちくちく(痛いほど)尖っているものが新鮮です。先の部分がふくらんでいたり、全体的に柔らかくなっているものは鮮度が落ちています。また少しくらいの曲がりなら、味や栄養に違いはありません。それよりも肝心なのは太さが均一であることです。

■きゅうりの保存法
きゅうりはそれほど長持ちする野菜ではありません。水気に弱く、傷みやすいので保存するときには水気をよく拭き、ポリ袋などに入れ、へたを上に立てた状態で冷蔵庫の野菜室に入れましょう。
■販売担当者
蔬菜部 常務取締役
志賀 一義


今月のおすすめやさい


とうもろこし(岩手)
とうもろこし(岩手)

■品 名 とうもろこし
■品種名 味来(みらい)とうもろこし
■産 地 岩手県 JA新いわて 奥中山
■入荷時期 8月上旬〜9月下旬
■最盛期 8月〜9月
■担当者からのコメント
岩手県JA新いわて奥中山地区より8月から9月にかけ「とうもろこし(味来)」が出回っています。
標高400〜700mのいわて奥中山高原ではレタスのほかにもキャベツ、とうもろこし、はくさいなど多くの野菜が栽培されております。これらの野菜を育てるには馬渕川と北上川の源流の清涼な水、高原の澄み切った空気、有機質をたくさん含んだ大地、そして生産者の野菜への思いやりが美味しい野菜を育てます。
さて麦・米とともに世界三大穀物類といわれるイネ科の野菜・とうもろこし(スイートコーン)の品種はたくさんありますが、現在出荷されている味来(みらい)は新品種で今爆発的な人気!。粒は黄色で特徴は何といっても甘いこと、その上とっても柔らかいのです。たくさん食べても飽きの来ない味わいがあり、生で食べてもジューシーな甘さですが、軽くゆでたりふかしたりしても美味しく食べられます。丸ごとゆでたりレンジでチンすると一粒一粒の黄金(ゴールド)色がさらに輝きを増し、ガブリとかじるとプチプチした粒から、さわやかな甘みを持つおいしさが口いっぱいに広がります。その甘さはスイートコーンと呼ばれる最近のとうもろこしの中でも絶品です。しかも粒の皮がとても柔らかいので、歯に引っかかったり、口の中に残ったりしないで後味もすっきり、消化もよいので子供たちのおやつにもぴったりです。もちろんガブリとかじらなくても、普通のとうもろこしみたいにサラダやラーメン、他の食べものと一緒に食べてもその料理の美味しさをさらに引き立ててくれます。
とうもろこしの主成分は糖質で、でんぷんを多く含んでいます。粒の皮には食物繊維、胚芽部分にはビタミンB1・B2・E、リノール酸が多く、カリウム・鉄分・銅などのミネラル類も含まれております。豊富な食物繊維は便通をよくし、コレステロールを低下させます。ビタミンEは老化防止に、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるときに効果があり、リノール酸は不飽和脂肪酸でコレステロールを低下させ高血圧や動脈硬化の予防に有効。カリウムは血圧を下げる効果があります。またひげや芯や根、葉にも薬効があり、ひげは利尿効果や降圧効果があるとして応用されています。
まさに旬の味覚、甘みが強くジューシーで、フルーツのようで爽やかな岩手産「味来とうもろこし」を是非ご賞味ください。一昔前では考えられなかった味わいが堪能できます。もちろん採りたては生でも食べられる商品です。
■美味しいとうもろこしの選び方
とうもろこしの外皮から出ているひげ(毛・めしべ(花柱))1本は1個の実につながっているので、ひげが豊かで褐色から黒褐色が完熟の証拠です。とうもろこし1本に500〜800個の実(粒)がつきます。
ポイントは、外皮の色が緑濃く、頭部のひげも濃く、さわってみて粒ぞろいがよく、ずっしりと重いものを選びましょう。先端までぎっしりと粒が詰まり、指でなでてみてすき間がなく、粒に弾力があるものが最高です。

■とうもろこしは新鮮さが決め手!
とうもろこし(スイートコーン)は収穫から数時間で糖分が半減し、甘みが減ってしまいます。とうもろこしは生きていて呼吸をしており、これに必要なエネルギーに自分の糖分を使ってしまうからです。高温になるほど糖分が減り、でんぷんが増えて味が落ちます。美味しさが保たれるように産地では早朝に収穫され、鮮度を保持するために予冷されて保冷車で市場に出荷されていきます。これは低温にすることである程度防げるので、冷蔵庫に入れ、できるだけ早く食べましょう。翌日に食べるなら、ラップに包んで冷蔵庫(野菜室)に立てて保存します。すぐ食べない場合は湯でてから冷凍・冷蔵しておきましょう。
またいろいろな栄養分のほとんどは、胚芽部分(とうもろこしの粒の根元部分)についているので、包丁などで粒を切り落とすより、そのままかぶりつく?か、手でむしりとるようにしてください。
■販売担当者
蔬菜第二部 副部長
阿部  宏


今月のおすすめやさい


キャベツ(群馬)
キャベツ(群馬)

■品 名 キャベツ
■品種名 キャベツ
■産 地 群馬県 JA嬬恋村 大笹
■入荷時期 7月上旬〜10月中旬
■最盛期 8月〜9月
■担当者からのコメント
群馬県JA嬬恋村より7月から10月にかけ「キャベツ」が出回っております。
キャベツは高温や干ばつに弱く、育成の適温は15〜20℃と言われています。嬬恋の平均温度は6月から9月がちょうどこの範囲にあります。また夏の降水量が多く、昼夜間の温度差が大きいため、柔らかく甘味のあるとても美味しいキャベツができるのです。また野菜産地に指定されたことから、キャベツ栽培の近代化事業に取り組み、経営規模の拡大や、大型トラクター、キャベツプランナーなど機械化を進めたおかげで生産コストを低くおさえることができ、この時期首都圏の80%を占める名実ともに日本一のキャベツ産地となっています。
いま消費者はやわらかくて美味しいキャベツを好んでいます。産地では消費者に喜んで食べてもらえる品種を日々研究しながら栽培しております。また環境保全型農業を推進し、安全・安心な野菜作りにも積極的に取り組んでいます。
キャベツはビタミンCをはじめ、カルシウム、カリウム、ビタミンUなどを豊富に含んでいる健康野菜です。特にビタミンU(キャベジン)は胃潰瘍に効果があるといわれており、胃腸の調子を整える野菜として最適です。
キャベツは日本での栽培面積、収穫量ともにだいこんに次いで多い人気の野菜で、生でも・煮ても・炒めてもといろいろな料理法に対応できる万能野菜です。ますます美味しい旬の野菜、群馬・嬬恋産「キャベツ」を是非お召し上がりください。
■美味しいキャベツの選び方
春系キャベツは巻きが柔らかで弾力のあるもの、寒玉(冬キャベツ)は巻きが固く重量感のあるものがよいでしょう。また外葉が濃い緑色をしているものが新鮮です。
上部に割れ目が入っていたり、芯の切り口が割れているものは古いキャベツですので芯の切り口が新鮮なものを選びましょう。

■キャベツの保存法
涼しい季節の保存なら、新聞紙などで包み冷暗所においても大丈夫です。
カット売りの場合は冷蔵庫の野菜室に入れ、できれば新聞紙や湿らせた紙でくるみ、ポリ袋で軽く包むとよいでしょう。

※JA嬬恋村のキャベツに関するいろいろな情報についてはJAつまごいのホームページを是非ご覧ください。
■販売担当者
蔬菜第二部 副部長
阿部  宏


今月のおすすめやさい


いんげん(いわき)
いんげん(いわき)

■品 名 いんげん
■品種名 いちず
■産 地 福島県 JA福島さくら など
■入荷時期 6月上旬〜10月下旬
■最盛期 7月〜9月
■担当者からのコメント
この時季、いんげん生産量全国一位の福島県よりJA福島さくら主力に「いんげん」が出回っております。
いわき市では昭和46年に水田転作作物として、主に山間高冷地(川前・三和・小川地区など)で導入され、本格的に栽培が開始されました。特に川前地区では共同育苗により、播種期・定植期を統一、さらに徹底した選別により今では京浜市場などでも日本一品質がよいと評価されるまでになりました。品種は「いちず」といい、特長としてはつるありの中早生品種で、曲がりがほとんどなく見栄えが優れており、すじ無しで表皮柔らかく、とくに茹で上がりの色、食味が優れております。
いんげんはベータカロチンやビタミン群を豊富に含む緑黄色野菜です。ベータカロチンは体内でビタミンAに変わり、粘膜や皮膚の抵抗力を高め、生活習慣病やガン予防に効果があるといわれています。油と一緒に摂ると吸収率が上がるので、炒め物や揚げ物などがおすすめです。ビタミンB1は神経を安定させ、イライラを防止する効果があり、ビタミンB2は脂肪の代謝を助けるため肥満防止やコレステロール値の低下などの効果が期待できます。ほかにもビタミンC、カルシウム、鉄、亜鉛、カリウムなどを含んでおり、美肌効果や疲労回復、スタミナアップにも効果があります。このようにいんげんは多くの種類の栄養素を幅広く含まれている低カロリーでヘルシーな野菜といえます。
ますます美味しい旬の野菜、いわきの農産物に指定されている健康野菜「いんげん」を是非いろいろな料理法でたくさんお召し上がりください。
■美味しいいんげんの選び方
いんげんは全体が鮮やかな緑色をしており、肉厚で、種子の部分が盛り上がっていないものを選びましょう。太さが均一で、全体的に細いものがよいでしょう。またポキッと簡単に折れるものが新鮮。・・・とはいっても店頭で折ってみることはできないので、見た目で全体的に張りがあってみずみずしいものを選びましょう。

■保存・調理のワンポイント
いんげんは、しなびやすいのでポリ袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存します。たくさんあるときには、サッと硬めに茹でて、冷凍しておくとすぐに利用できて便利です。茹でる時には、まな板の上で塩ずりしてから茹で、湯から上げたら、冷水にサッとさらすと色鮮やかになり、鮮やかな青みを生かして和え物やサラダ、バター炒めやつけ合わせなど和・洋・中さまざまな料理に活躍してくれます。
■販売担当者
蔬菜第一部 次長
小松 和徳


今月のおすすめやさい


ぶなしめじ(宮城)、白いしめじは「ホワイトぶなしめじ」です。
ぶなしめじ(宮城)

■品 名 しめじ
■品種名 ぶなしめじ
■産 地 宮城県 ホクト葛{城センター
■入荷時期 通年
■最盛期 特になし(通年)
■担当者からのコメント
秋を迎え、とくにきのこの美味しい季節となってきました。
このページで紹介するホクトの「ぶなしめじ」は衛生的な工場施設のもとで安心・安全を第一に考え、一年を通じ安定供給をしています。
栽培方法はビン栽培で原料の詰込から栽培、包装まで全自動システムで、人手を掛けずに衛生的に行なっております。
ぶなしめじの食味は歯応えが良く、全体的に軸が太く、傘が丸く厚みがあり、旨味成分であるグルタミンの含有量が多く、苦みが少ないのが特徴です。またホクトではきのこ総合研究所を設けており、種菌の開発から栽培技術などあらゆる面で常にサポートしております。
味に癖がないため、いろいろな料理で食卓に登場し、一年を通じ消費量の多いきのこ、ホクトの「ぶなしめじ」。是非この時季にたくさんお召し上がりください。
■ぶなしめじのあれこれ
ぶなしめじのあれこれ、きのこを使ったクッキング、体にいい話など、しめじはもちろんエリンギ、まいたけなどきのこについていろいろな情報が満載されているホクトきのこのホームページ(ここをクリック)を是非ご覧ください。
■販売担当者
蔬菜部 常務取締役
志賀 一義


今月のおすすめやさい


たまねぎ(北海道)
たまねぎ(北海道)

■品 名 たまねぎ
■品種名 たまねぎ
■産 地 北海道 JA北みらい、JAところ
    JAふらの 他
■入荷時期 8月中旬〜翌年4月中旬
■最盛期 9月〜翌年3月(安定供給される予定)
■担当者からのコメント
いよいよ生産量bPの北海道より、本年産「たまねぎ」の出荷が始まりました。北海道各JAより貯蔵性に優れ、来春まで安定した品質で安定した供給がなされます。
北海道の肥沃な大地が育くみ、道内特有の日照時間が長いことや寒暖の差が激しい気候などの条件が相まって美味しい食味・甘味を引き出しております。
さて産地の状況は、多雨による収穫遅れが散見されるも作柄は順調で、天候回復すれば概ね平年作、充分な出回りが期待できそうです。価格は順調出荷の前年より若干高いも、平年比ではだいぶ安値での推移が予想されます。
たまねぎはだいこん・キャベツに次いで全国野菜収穫量の第3位を占め、一年中台所に欠かせない食材の一つです。サラダなど生でよし、炒めてもよし、煮ても揚げてもよし、と幅広い料理に活用でき、また料理の素材ばかりでなく、肉や野菜の臭み抜きや下味付けにもよく使われます。
さて、たまねぎを切ると目がしみたり涙が出たりします。これはたまねぎに含まれる硫化アリルという成分が気化して目の粘膜を刺激するため涙が出るのだそうです。また刺激臭の元でもあります。しかしこの硫化アリルには胃液の分泌を活発にし、食欲を増進させる働きがあり、血液をサラサラにする効果もあります。
また血栓ができるのを抑制して脳梗塞や動脈硬化などの予防にも効果があるそうです。
健康的にも優れており、料理の万能選手でもある北の大地で生まれた美味しい旬の北海道産「たまねぎ」を是非たくさんお召し上がりください。
■たまねぎの保存法
たまねぎは湿気を嫌うので、できるだけ乾燥した風通しのよい日陰に置きましょう。たまねぎは約0℃で休眠するので、長く保存するのであれば新聞紙にくるんで冷蔵庫に入れておくのがよいでしょう。

■泣かないで切るたまねぎの裏わざ
皮をむく前に、電子レンジで約20秒ほど加熱すると目の粘膜を刺激する硫化アリルが弱まり、泣かずにすみます。また逆に冷やしてから切っても効果があるようです。そのほかよく切れる包丁を使ったり、包丁の方をよく冷やして使ったりすると効果があります。

■たまねぎのミニ知識
たまねぎは、ねぎと同じユリ科の仲間です。さて私たちが食べているのは「根・茎・葉」のどこの部分でしょうか?
実は「葉」の部分なのです。葉鞘と呼ばれる葉の下の部分が成長し、次第に丸みを帯びてふくらんだ葉を食べています。
■販売担当者
執行役員 蔬菜第二部 部長
和田 弘幸


今月のおすすめやさい


かぼす(大分)
かぼす(大分)

■品 名 かぼす
■品種名 かぼす
■産 地 大分県 JA大分きつき柑橘選果場
■入荷時期 8月中旬〜10月中旬
■最盛期 9月下旬
■担当者からのコメント
かぼすは大分県の特産果樹で、江戸時代から薬用、天然の調味料として栽培されていました。その「かぼす」が8月から10月にかけて果汁の質、量ともに最高で最も風味豊かなシーズンを迎えます。
かぼすは料理の名脇役で、素材の持つ風味を損なうことなく料理の味をぐんと引き立てます。果汁をしぼったり、皮をあしらえたり、スライスで香りと彩りを添えたりと和・洋・中どんな料理との相性も抜群、気軽に利用できて美味しさ、楽しさが広げられるたいへん便利な食材でもあります。
健康面ではビタミンCやクエン酸が豊富に含まれ、食欲増進、疲労回復、美肌効果や風邪予防の効果を高めるそうです。
これから秋刀魚などの焼き魚が美味しくなる時季を迎えます。
そんな時にちょっと一味。いろいろな料理法で大分産「かぼす」の独特の芳香とまろやかな風味を是非ご堪能ください。
※かぼすに関するいろいろ詳細な情報については、JA全農おおいた「大分県かぼす振興協議会のホームページをご覧ください。

■かぼすの保存法
○冷蔵法:かぼすを濡れ新聞紙でくるんで空気を抜いたポリ袋に入れ冷蔵庫に保存。

○冷凍法:かぼすを絞って製氷皿に入れ、冷凍庫で固めて必要時に解凍する。

○果汁法:かぼすのしぼり汁をビン詰めし栓をしっかり締めて冷蔵庫に保存。

用途に応じ、いろいろな方法で保存して美味しくお召し上がりください。
■販売担当者
蔬菜第二部 次長
大谷 千勝


今月のおすすめやさい


紅あずまかんしょ(茨城)
紅あずま甘藷(茨城)

■品 名 かんしょ
■品種名 紅あずま
■産 地 茨城県 JA茨城旭村
■入荷時期 8月上旬〜10月中旬
■最盛期 9月下旬
■担当者からのコメント
いよいよ秋の味覚の代表格、さつまいもの美味しい季節が到来しました。全国でも有数のさつまいもの産地、茨城県JA茨城旭村より「紅あずま甘藷」が出回っております。
旭村は茨城県の東南部に位置し、東は鹿島灘、北は涸沼に面し、自然に恵まれた豊な純農村地域です。温暖な気候と水はけのよい酸素を多く含んだ圃場は甘藷を栽培するための条件にぴったり合っています。この恵まれた条件に加え、伝統ある優れた栽培技術が評価の高い美味しいさつまいもを育てます。
栽培されている品種は「紅あずま」で鮮やかな紅色で、甘みが強く、生食用甘藷の代表的存在です。焼いもやふかしいも、てんぷら等あらゆる調理法で美味しくいただけます。
甘藷は健康野菜の一つで主成分はエネルギーのもとになるでんぷんや糖質、その他ビタミンやミネラル、食物繊維などがバランスよく含まれており、たくさんの体によい効能があります。
中が濃い黄色の甘藷にはカロテンが含まれており、カロテンは体内に入るとビタミンAの働きをして体調を整え、がんの予防にも役立つといわれています。またカリウムも含まれており、体内の塩分バランスを調整することから高血圧予防に効果があり、ビタミンEは酸化脂質を抑え、老化防止に働きます。さらに甘藷にはみかんと同じくらいのビタミンCが含まれています。ビタミンCは水に溶ける性質がありますが、甘藷の場合は皮をむいても表面のでんぷんが加熱で糊化するので加熱しても6割以上が損失しないで残ります。そのため美容、風邪の予防、ストレス対策などに効果があります。食物繊維も豊富で便秘、大腸がんの予防、美容などにも欠かせない野菜と言われています。
昔から「九里四里(栗より)うまい十三里)」といわれるほど美味しく健康的に優れている秋の味覚、茨城産「さつまいも」をぜひこの時季、たくさんお召し上がりください。
ちなみに9月24日は『仲秋の名月(芋名月)』です。お供え物にもご利用ください。
■さつまいもが甘くなる理由
さつまいもが甘くなるのはでんぷん質にあります。でんぷんが糖化してどんどん甘くなっていきます。秋に収穫された時からゆっくり糖化しはじめ、糖化が止まることはありません。さらに水分が少しずつ抜けていき糖分が凝縮されていくのです。そのため秋から冬に食べていた美味しいお芋は春夏に向けてさらに甘く、美味しくなっていきます。

■美味しいさつまいもの選び方
ふっくらと太っていて、皮がきれいでなめらかなものが良く、黒い斑点のないものを選びましょう。またひげ根の跡は小さいほうが良品です。また細いさつまいもよりは太いさつまいもの方が繊維質が少ないので味は良いでしょう。

■さつまいもの保存法
さつまいもは寒いところが苦手ですから冷蔵庫に入れると「しもやけ」を起こし、黒ずんで痛んでしまいます。戸外で保存する場合も同様ですから12月を過ぎたら外に置かないようにしましょう。寒すぎないように、乾燥させないように新聞紙などに包んで、日の当たらない暗い所で保存するのが一番です。
■販売担当者
執行役員 蔬菜第二部 部長
今泉 久俊


今月のおすすめくだもの


川中島白桃・ゆうぞら・幸茜・さくら白桃(福島)
川中島白桃・ゆうぞら・さくら白桃(福島)

■品 名 もも
■品種名 川中島白桃・ゆうぞら・幸茜・さくら白桃
■産 地 福島県 JAふくしま未来 など
■入荷時期 8月下旬〜9月上旬(川中島白桃)
8月下旬〜9月上旬(ゆうぞら)
9月上旬〜9月中旬(幸茜・さくら白桃)
■最盛期 9月上旬
■担当者からのコメント
全国の桃の生産量において山梨県に次ぐ第二位の福島県はJAふくしま未来より、桃の晩生種「川中島白桃・ゆうぞら桃」が順調に出回っており、本月上旬からは終盤品種「伊達、さくら白桃」なども入荷される予定です。
市町村単位では日本一を誇る福島市の桃は吾妻山の麓、福島盆地の寒暖の差の激しい気候や肥沃な土壌で丹精に育まれました。
JAでは安全で安心な桃を育てるために性フェロモンを使い、農薬(殺虫剤)の使用量を従来の半分に削減し、さらに「おいしさの粒ぞろい」をキャッチフレーズに光センサー選果機で選果をしますので甘さと美味しさは保障つきです。とくにJAふくしま未来・伊達地区では農薬適正使用の指導・監視業務分野で全国初の国際認証規格「ISO9001 2000年版」を平成15年に取得し、安全・安心な農産物を提供しており、皇室にも毎年桃を献上しているJAです。
川中島白桃、ゆうぞら桃は本月上旬まで、福島県産桃の終盤を飾る伊達白桃は中旬まで出回ります。
川中島白桃、さくら白桃は大玉の品種で、肉質がしっかりして甘味が強く、ジューシーで香りがよく、食味が良好で日持ちのよい大変人気のある桃です。ゆうぞら桃は国立果樹研究所が白桃×あかつきを交配育成した晩生種の優良品種で、果肉はあかつきに似てち密で多汁、甘みが強くなめらから感じの食味が良く、桃品種の中で最上の食味をもつ桃と言われています。
桃は古代中国で「長寿の実」「仙果」と呼ばれていたように長寿の功があるといわれるヘルシーな果物です。種は「桃仁」と呼ばれ、血液の循環を良くする漢方薬にもなっております。桃は水分が豊富で糖分や多種多様なミネラルをバランスよく含んでいるため、疲労回復や夏バテ防止に効果的です。また桃にはカリウムや食物繊維(ペクチン)が多く含まれており、血液中のコレステロールを減らして動脈硬化を防ぐ働きや腸の働きを活発にし、便秘解消にも効果があります。桃の葉には湿疹や虫刺されにも効く成分や、鎮静作用がある成分も含まれていますので最近では入浴剤にも利用されているようです。さらに桃は体を冷やすことなく、寝汗を止める作用もあるといわれていますので、残暑のこの時季にぴったりの果実といえます。
上品な甘さとしたたる果汁、自信をもってお奨めする旬の味覚、福島産ももの最終を飾る「川中島白桃・ゆうぞら桃・幸茜・さくら白桃」を是非お召し上がりください。
※旬の食材百科さんのホームページでは、桃の品種、生産量など桃についていろいろな情報が記載されていますので下記の部分をクリックしてぜひご覧ください。
       旬の食材百科 桃のホームページ
■美味しい桃の選び方
形がよく整っていて皮に傷のないもの。
白鳳などの白肉種は薄紅色になったころが食べ頃で成熟すると黄色味を帯びてきます。

■桃の保存法
桃は冷やしすぎると風味が落ちますので、食べる1〜2時間前に冷蔵庫に入れると美味しくいただけます。
長時間入れておく場合は一つずつ紙に包み、箱などに入れて冷気に直接触れないようにしてください。

■桃の新しい食べ方
桃の食べる際、皮がむきづらく、皮をむいたり丸かじりすると、果汁で手や口がベトベトするのでいやだという方がよくいますね。そのような方はぜひ必見!。じょ〜ずな桃のむき方というページでいろいろな方法を紹介していますので是非ご覧ください。
じょ〜ずな桃のむき方のホームページ(ここをクリック)

■ほかの地域にはない福島の桃の特徴
福島の桃は果実に袋をかけない無袋栽培が中心。他の地域では外観を良くするなどの理由で桃に袋をかけますが、福島では太陽の光をたっぷり当てて真っ赤にし、色と味のよい桃に育てています。さらに色や大きさだけでなく、見た目では分からない味を調べるため、選果に光センサーを採用。糖度を基準に選別した桃を出荷しています。
福島の代表品種となっている「あかつき」ですが、もともとは小玉の品種。福島ではその味の良さを認め、いち早く栽培に取り組み、今のような大きさ・色・味ともに見事な桃をつくり上げました。
福島の生産者達の味へのこだわりが感じられますね。
■販売担当者
果実第一部 次長
八巻 卓栄


今月のおすすめくだもの


幸水・豊水なし(いわき)
幸水・豊水なし(いわき)

■品 名 なし(赤なし)
■品種名 幸水なし・豊水なし
■産 地 福島県 JA福島さくら など
■入荷時期 8月下旬〜9月下旬
■最盛期 8月中旬
  画像の中でいわき梨選果場の様子も紹介しています。
■担当者からのコメント
福島県JA福島さくらより、いわき市の特産品である「幸水・豊水なし」が出回っております。
日本人と梨との付き合いは結構古く、日本書紀(720年)頃に栽培の記録が残されているそうです。しかし当時は産地を形成するには至らず、庭先での栽培にすぎませんでした。栽培が本格的に始まったのは江戸時代中期と言われ、多くの産地が形成されていきました。当いわき地域では、江戸時代に棚倉藩領(現在の平・赤井・小川地区)で藩主が、なし栽培を奨励したのが始まりといわれています。
さて9月上旬まで入荷される幸水なしは早生種で、水分が多くとてもみずみずしく柔らかで、ち密な肉質が特長で甘みが強く、酸味が少ない赤なしを代表する品種です。早生幸蔵と菊水との交配品種で、それぞれから一文字ずつとって昭和34年に命名されました。また9月中旬から下旬にかけては多汁で酸味と甘さのバランスの優れた晩生種の「豊水なし」も出荷されます。
当JAで収穫された梨はすべて平成20年より新しく入れ替えられた光センサー選果機により、さらに梨全体の品質・糖度などが保証された「サンシャインいわき梨」として出回ります。
梨にはさまざまな効能があり、梨に多く含まれるカリウムは体内の中からナトリウムの排出を促進し、血圧を下げる作用があります。またアンモニアの排出効果のあるアスパラギン酸も加わり、さらなる利尿作用や代謝促進がなされるため、むくみにも効果的です。梨に含まれるクエン酸やリンゴ酸の働きにより、夏の暑さによる疲労回復にも効果があります。また梨には体を冷やす効果もあり、残暑で疲れた体や風邪で熱っぽいときにはたいへん効果的!。のどの炎症や咳止め効果もあることから中国では古くから漢方薬として用いられているそうです。
さらに独特のシャリッとした歯ごたえの元である石細胞(せきさいぼう)と言われる食物繊維には、血中のコレステロール値を減らす作用や、整腸作用が期待できます。また梨にはタンニンというアルコールの排泄を促進する成分が含まれているので二日酔いにも効果があるほか、たんぱく質分解酵素も含まれているので、肉料理などでおろした梨に少々漬けておくとやわらか〜いお肉に大変身するそうです。
夏の太陽をいっぱい含み、秋の風に吹かれて爽やかな味を楽しませてくれる梨、一口かじれば甘い果汁が洪水のように溢れ出し、体中に潤いを与えてくれることでしょう。一足早い初秋の味覚、健康的でいわき市の重点作物にも指定されている「サンシャインいわき・幸水・豊水なし」を是非ご賞味ください。
■美味しい梨の選び方
梨は軸がしっかりとしていて、ずっしりと重く、形が横にはっているものの方が良いでしょう。
青なし系(二十世紀なし)は太陽に透かして表面が透明に感じられるもの。赤なし系(幸水・豊水・新高など)は果皮に光沢があって丸いものがよいでしょう。

■梨の美味しい食べ方
梨の一番甘い部分はどこかご存知ですか?。「梨尻柿頭」と言って、柿は頭の方が甘く、梨はお尻の方が甘味が強く、上へ行くにつれ味が薄めになります。また、芯に近いところは酸味が強く甘味が少ないので、少し厚めに残して切り分けた方が最後まで美味しくいただけます。
冷たい梨も美味しいですが、冷やし過ぎると舌が甘味を感じにくくなります。甘さを重要視する方は食べる1〜2時間前に冷蔵庫へ入れるくらいでよいでしょう。
また、梨をむく時には実と皮の間にある渋みをとるようにむきますが、渋みの内側にある薄い層が甘みの強い部分なので皮は薄めにむくようにしてみてください。

■梨の保存法
梨はもちろん鮮度が一番!。
出来るだけ早くお召し上がりください。その上で保存する場合は冷暗所で保存していただければ3〜4日、冷蔵庫での保存であれば1週間から10日位は保存可能です。
できれば一個づつ新聞紙などに包むか、ビニール袋に入れるかすると状態が良く保存できます。なおヘタを下にしておくとより長持ちします。
■販売担当者
取締役 果実第二部 部長
草野 青史


今月のおすすめくだもの


温室(ハウス)みかん(大分)
温室(ハウス)みかん(大分)

■品 名 みかん
■品種名 ハウスみかん(宮川早生)
■産 地 大分県 JAおおいた きつき柑橘連
■入荷時期 4月中旬〜9月下旬
■最盛期 7月上旬〜8月上旬
■商品形態 5sダンボール箱、ばら、トレイ、
1.2s、2s化粧箱
■担当者からのコメント
温室みかん生産全国4位の大分県おおいた中央柑橘園芸連より4月から9月にかけ「きつきハウスみかん」が出回っています。
おおいた中央柑橘連は平成14年にJA杵築市とJAくにさき、杵築開拓柑橘生産組合の三者が協同して、柑橘の広域一元化を図る目的で杵築市に設立されました。
大分県国東半島南部に位置する杵築市は、瀬戸内海特有の温暖な気候を生かし丘陵部の多くはみかん園として耕作され、その風土から生まれた温室(ハウス)みかんは小粒で糖度が高く、皮も袋も薄く、甘味と酸味がマッチした美味しいみかんを栽培しています。高度なハウス栽培技術に加え、最新鋭光センサー、浮皮センサーを装備した選果機を導入したことにより、外観・味・品質の徹底的管理を可能にし、また部会員全員が大分県認定のエコファーマーを取得し、消費者へ安全・安心なハウスみかんを供給しております。
ハウスみかんは各産地とも9月中旬より切り上がり始め、その後露地の極早生みかんが出回り始めます。現状生育は順調のようで食味もよさそうです。
さて、ハウスみかんの品種は宮川早生で、糖度と酸度のバランスがよく味にコクがあり、完熟すると”うち袋”が柔らかくなり、そのまま袋ごと食べられます。また皮が薄く、中身がしっかりとしており、果汁がたっぷりとしたジューシーなみかんです。
出荷形態は大きく2種類あり、5s箱の3L〜Mサイズのトレイ手詰めとバラ入り、贈答用化粧箱としてM〜2Sサイズ1.2s化粧箱、L〜Sサイズ2s化粧箱となっています。
温室栽培のため、冬場のみかんと比べ糖度が高く、安定した食味となっており、食べる一時間ほど前に冷蔵庫などで冷やして食べると一層美味しくいただけます。やさしくまろやかな甘味とたっぷりな果汁が自慢の大分「きつきハウスみかん」は食後のデザートに、お客様の接待など、またご進物・ご贈答などにもたいへん喜ばれます。残暑厳しいこの時季にちょっと冷やしたハウスみかんのキュンとした甘さは格別の贅沢です。是非ご賞味ください。
■みかんの優れたパワー
@発ガンを抑制
ガン細胞に強力なバリヤー役をするベータクリプトキサンチンが多く含まれています。その含有量はオレンジの約100倍、発ガン抑制効果はベータカロチンの約5倍でみかん一日1〜2個で食べるだけで十分効果があるといわれています。

AビタミンCを効率よく摂取
ビタミンCの含有量は100gあたり約35r。こわれやすい性質のビタミンCを皮や袋がしっかりガードしてくれるので効率よく摂取することができます。

B食物繊維が多く整腸作用がある
中の袋についている白いスジにはペクチンが豊富に含まれています。
ペクチンは水溶性の食物繊維で、腸の中で水分を調整し、便秘を解消する力があります。また逆に下痢を抑制する効果もあり、整腸作用に優れた効果がるといわれています。
そのほかにもみかんにはたくさんのすぐれた効能があります。

今は柑橘類が極端に少ない時期です。
ビタミンCなどをたっぷり含んだハウスみかんは美容にも健康促進などにもこの時季、是非お奨めしたい一品です。
■販売担当者
果実第一部 副部長
志賀 和典


今月のおすすめくだもの


サンつがる(福島・青森)
サンつがる(福島・青森)

■品 名 りんご
■品種名 サンつがる
■産 地 福島県 JAふくしま未来、夢みなみ
青森県 JAつがる弘前、相馬村、
    津軽みらい など
■入荷時期 8月下旬〜10月上旬
■最盛期 9月下旬
■担当者からのコメント
りんごの中でも一番早くから収穫される「つがる」りんごが8月下旬より県内JAより出回り始め、9月中旬からは青森県各JAからも本格入荷されます。
早生種としては一番甘い代表品種で、ふじに次ぐ生産量を誇ります。太陽の光をいっぱいに浴びた無袋栽培のサンつがるは、甘さたっぷり、歯ごたえしっかり、またコクのある美味しさです。
さて産地での現況は、本年は開花が平年と比べ数日早く、ほぼ平年並の生育状況となっています。玉肥大もいまのところ良好で、着色なども問題がないようです。本月はまとまった数量が出回ることになるでしょう。
昔から「1日1個のりんごは、医者いらず」とも言われるようにりんごにはポリフェノール、カリウム、食物繊維リンゴ酸、ビタミンCなどといった成分が豊富に含まれており、これらが便秘やダイエット、美肌効果、疲労回復などに効果があり、さらには動脈硬化、糖尿病、大腸がん、高血圧などの生活習慣病の予防などにも効果的であるそうです。
健康的にも優れており、本年最初に出回る美味しいりんご、採れたて旬の福島・青森産「サンつがる」を是非たくさんお召し上がりください。
●りんごの「湯上り」について
つがるなどのりんごはよく表面に油を塗ったような現象がありますが、これはりんごが熟すにつれてリノール酸とオレイン酸が増え、皮に含まれているメリシン酸やノナコサンという固形物質を溶かすことによる現象です。これらの物質には害がなく、むしろリノール酸やオレイン酸は不飽和脂肪酸と呼ばれる栄養価の高いものです。「油あがり」と呼ばれるこの現象はりんごがよく熟しており、食べ頃である証なのです。 
■りんごの選び方
りんごは、実の良く締まったものを選ぶのがよいでしょう。
色で見分けるのは避けたほうが良いかも知れません。虫除けの有袋のものはきれいな色が出ていますが、無袋の実のほうが美味しさは上です。
全体に形の良いものが良いでしょう。また、ツルがみずみずしく、はりのあるものは新鮮であり、しなびているものは鮮度が落ちています。ツルが太ければ栄養がたくさん吸収されているのでおいしいりんごの目安になるでしょう。

■りんごの保存法
りんごも他の果物のように呼吸しているので低温で適度に湿度ある場所に保存し、水分や糖分の発散を防げばより長持ちします。
できれば一個づつ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するのが最適です。


■つがるりんごの名前について
品種名が「つがる」であり、津軽地方で収穫されたものではありません。
■販売担当者
果実第二部 課長補佐
猪狩 直也


今月のおすすめくだもの


デラウェア(山形)
デラウェア(山形)

■品 名 ぶどう
■品種名 デラウェア
■産 地 山形県 JA山形おきたま
■入荷時期 7月中旬〜9月下旬
■最盛期 8月〜9月
■担当者からのコメント
山形県JA山形おきたまより7月から9月にかけ「デラウェア」が出荷されております。
置賜地域は山形県の南端に位置し、全国有数のぶどうの産地で、栽培面積は置賜全域で690haと県全体の37%を占めています。なかでもデラウェアはぶどう全体の70%が作付されており全国一の生産量を誇ります。急斜面の山沿いに加温ハウス、無加温ハウス、雨除けハウス、露地栽培と多様な方法で7月から9月まで絶え間なく出荷されます。
ぶどうは世界で最も栽培量の多い果物で一万以上の品種があるといわれ、ヨーロッパ種とアメリカ種の2つに分かれます。
今回紹介するデラウェアは、その両方を掛け合わせてできたもので、明治5年にヨーロッパから日本に導入された後、種なしの生産技術によって普及していきました。デラウェアという名前はアメリカのオハイオ州にある土地の名前から付けられたそうです。粒は小さいですが、糖度は22〜23度と果物の中でもっとも高いのが特徴です。
ぶどうに豊富に含まれているブドウ糖や果糖は吸収がよく、すばやくエネルギーになるので疲労回復に即効性があり、またカリウムも多く含まれています。カリウムの不足は高血圧や筋力の低下につながります。カリウムは調理で失われやすいので、生で食べられるぶどうはカリウム源としても有効です。また皮の色素はアントシアニンという成分で、高い抗酸化作用があるといわれています。
可愛らしい小粒を頬張ると、おもわず笑みのこぼれる上品で豊な甘み、種なしで食べやすいデラウェアは日本で最も生産量の多いぶどう品種です。日本一の産地、山形の生産農家で丹念に手間と愛情をかけられた、一口食べたらやめられない可愛いぶどう「デラウェア」をたくさんお召し上がりください。
■デラウェアにはなぜ種がない?
種なしぶどうは「ジベレリン」という液にぶどうの花の穂をひたすジベレリン処理によって行います。
1回目はぶどうの花の開花14〜10日前に行い、これによって種なしぶどうになり、2回目は開花後10日位に行います。これはぶどうの実を大きくするためです。
ジベレリンとはもともと植物が持っている成長ホルモンで芽・根・実などを成長させる働きがあります。(人に害はなく安全です。)

■ぶどうの美味しい食べ方
ぶどうは房の上部(肩)の方が甘みが強いので、房の下部(尻)の方から食べ始めると最後まで美味しく食べられます。
また抗酸化作用のあるアントシアニンは、果皮と果肉の間に多く含まれているので、できれば皮ごと食べることをお勧めします。
ぶどうの皮の表面についている白い粉はブルーム(果粉)と呼ばれ、ぶどう自身が作り出しており、水分を保護し、新鮮さを保つ働きのある大事な粉です。
ブルームがついているぶどうは新鮮で水分たっぷりという証なのです。
■販売担当者
執行役員 果実第一部 部長
岩谷 仁志


今月のおすすめくだもの


ロザリオビアンコ(山梨)
ロザリオビアンコ(山梨)

■品 名 ぶどう
■品種名 ロザリオビアンコ
■産 地 山梨県 JAふえふき 八代
■入荷時期 9月上旬〜9月下旬
■最盛期 9月中旬
■担当者からのコメント
本月、ぶどう産地・山梨県より上品さ、貴賓さ、すべてに高級感溢れる緑色の至宝「ロザリオビアンコ」がJAふえふき主力に出回ります。
当地域は山梨県のほぼ中央、甲府盆地の南東部に位置し、地形は御坂山系に続く丘陵地帯及び渓谷と笛吹川沿いの平坦地からなり、変化に富む肥沃な農地で、内陸性の寒暖の差が大きい気象条件を活かして桃やぶどう、すももを中心とした果樹の一大産地を形成しています。
ロザリオビアンコは紀元前から栽培され続けるマスカットオブアレキサンドリアと世界中で栽培されているロザキを交配し、誕生した山梨県生まれの品種です。美しい翡翠色の皮はとても薄いため、皮ごと食べられます。酸味が少なく、爽やかでスッキリとした甘みで後味が抜群。ジューシーな果肉は引き締まり、独特のシャキシャキとした食感、すべてに高く評価されています。
さて、ぶどうにはブドウ糖・果糖をはじめカテキン・タンニン・アントシアニンなど多くのポリフェノールが豊富に含まれており健康的にさまざまな効能が期待できます。ぶどうは体内への吸収が早く、速効性のあるブドウ糖や果糖が主成分なので疲労回復効果がひじょうに大きく、カテキンは悪玉コレステロールの生成を抑制し、動脈硬化を抑制・善玉菌を成長させる整腸効果。タンニンは止血作用、抗酸化作用、虫歯の抑制、発ガン抑制など。アントシアニンは活性酸素の生成の抑制、血液浄化、血圧抑制効果などが期待でき、鉄分、ナトリウム、カルシウムなどのビタミン類も豊富なフルーツです。
これからますますぶどうが美味しくなる時季を迎えます。高級感溢れるロザリオビアンコはぶどうの中でも今人気急上昇中のぶどうです。今が旬の日本一のぶどうの郷・山梨産の「ロザリオビアンコ」を是非ご賞味ください。かならずや皆様がご満足できるぶどうだと確信しております。またお客様の接待、ご贈答などにも是非お奨めしたい一品です。
■ぶどうの歴史
ぶどうの歴史は古く、紀元前4000年〜5000年頃にはワインが作られていたという記録があり、紀元前から広く栽培されていました。今でも世界で最も生産量が多い果実のひとつと言われています。
日本でのぶどうの栽培は甲州ぶどうがその始まりと言われ、718年行基が甲州(山梨)勝沼の大善寺に伝えたという説と1186年に勝沼に住む雨宮勘解由という人物が見つけたという説があります。
江戸時代を通して徐々にぶどう栽培は広がっていきましたが、現在のように盛んとなったきっかけは明治初期に欧州と米国から新しい品種が輸入されたことによります。(欧州種は風土が合いませんでしたが、米国種(デラウェアやキャンベル種)は日本の温暖・湿潤な気候が合い、栽培が盛んになりました。)

■ぶどうの保存法
ロザリオビアンコ・巨峰などの大粒ぶどうは長く置くと脱粒してしまいます。そこで房で保存するよりも粒に分けて保存したほうが長持ちします。
粒に分けるときは手でちぎるのではなく、軸の部分からハサミでカットするのがポイントです。
食べきれない場合は冷凍で保存も。
■販売担当者
執行役員 果実第一部 部長
岩谷 仁志


今月のおすすめくだもの


高尾・巨峰・ピオーネぶどう(福島)
高尾・巨峰・ピオーネぶどう(福島)

■品 名 ぶどう
■品種名 高尾・巨峰・ピオーネぶどう
■産 地 福島県 JAふくしま未来 など
■入荷時期 9月上旬〜10月上旬
■最盛期 9月
■担当者からのコメント
くだもの王国福島県はJAふくしま未来より、秋の味覚各種ぶどうが出回ります。
福島市のぶどうは吾妻山の麓、福島盆地の寒暖の差が激しい気候や肥沃な土壌で丹精に育まれました。
高尾ぶどうは9月上旬から10月上旬、ピオーネぶどうは9月中旬から9月下旬、巨峰ぶどうは9月中旬から10月中旬までの出荷となります。
高尾やピオーネぶどうは巨峰を改良したもので、巨峰よりも甘さが強くなっており、種もないことから食べやすく美味しい品種です。巨峰ぶどうは日本でデラウェアを抜いて国内生産量1位の品種で、大粒で濃厚な甘さとプリッとした食感、みずみずしく溢れだす果汁はまさにぶどうの王様です。産地より出荷されるのは種なし巨峰で2s箱と5s箱での出荷となり、一房づつ三角袋に入っております。ぶどうの色が黒墨色で少し小粒のものが高尾、大粒のものが巨峰ぶどうです。
さて、ぶどうを食べるときによく皮を丁寧に手でむいて食べる方がいますが、ぶどうのいちばん美味しい部分は果汁と果肉の境の部分ですので、丸ごと口に入れて中身を皮から押し出し、なめらかな舌触りとたっぷりした果汁を味わうのが美味しい食べ方です。
ぶどうには体内への吸収が早く速効性のあるブドウ糖や果糖が主成分なので、疲労回復に効果があり、エネルギー補給に最適な果実です。ぶどうの種子や皮には視力回復や活性酸素の除去に効果のあるアントシアニンが多く含まれています。アントシアニンはポーリフェノールの一種で、悪玉コレステロールの発生を防ぎ、血液をサラサラにする働きがあるといわれています。そのため動脈硬化やガン予防にも期待できます。またデラウェアなどの赤ぶどうには強い発ガン抑制作用を持つレスベラトールというポリフェノールも含まれています。このほか鉄分、ナトリウム、カルシウムなどのビタミン類も豊富に含んでおります。
これから本格的な秋を迎えます。健康的にも優れており、今が旬の秋の味覚、くだもの王国福島よりぶどうの王様「高尾・ピオーネ・巨峰ぶどう」を是非ご賞味ください。またお彼岸用のお供えもの、ご贈答などにも是非ご利用ください。
■美味しいぶどうの選び方など
ぶどうの実の部分に張りがあり、軸が太く青いものを選びましょう。軸が茶色いものは収穫してから日が経っています。
また果皮に白っぽい粉が付着していますが、これは水分の蒸発を防ぐためぶどう自身が作り出している「ブルーム」と言うものです。この粉がまんべんなく付いているぶどうは鮮度が良い証拠です。
果皮の色は、実の色が黒や褐色のぶどうは色が濃いものを、緑系のぶどうは黄色っぽいものがよいでしょう。高尾ぶどうは黒墨色の濃いもの、巨峰ぶどうはブルー色の濃いものが良品です。
ぶどうにはポリフェノールという成分が含まれていることは有名ですが、この成分は皮と果肉の間に多いので、できれば皮ごと食べるのがベストです。
ミキサーで絞ってぶどうジュースを作る時も皮ごと使えば栄養たっぷりです。

■ぶどうの保存法
ぶどうは低い温度(0〜3℃がベスト)で高い湿度(90%がベスト)ほど品質の変化が小さく長く保存できます。
しかし凍らせたり、湿度が高すぎたりすると品質が悪くなるので注意が必要です。
家庭では冷蔵庫の野菜室で保存するのがよいでしょう。
■販売担当者
果実第一部 部長
加藤 勝行


今月のおすすめくだもの


刀根早生かき(和歌山)
刀根早生かき(和歌山)

■品 名 かき
■品種名 刀根早生かき
■産 地 和歌山県 JA紀北かわかみ 他
■入荷時期 9月中旬〜10月下旬
■最盛期 9月下旬〜10月中旬
  樹の下に敷かれているのがマルチシートで、樹の一部を画像のように環状剥離処理しています。
■担当者からのコメント
和歌山県JA紀北かわかみ管内より、9月下旬から10月にかけて柿で一番初めに出回る「刀根早生かき」が入荷されます。
JA紀北かわかみは高野山の麓、和歌山県橋本市、かつらぎ町などからなり、柿の全国出荷量約23万dのうち、約1割にあたる2万6千dを出荷する日本一の柿の産地です。
さて、刀根早生かきは合わせ柿です。合わせ柿とは渋柿を炭酸ガス処理し、柿渋を抜いたもので、形は偏平で角張っており、種はありません。甘みは充分、果肉がしっかりとしており、果汁もたっぷり、ほんとうにまったりとして滑らかなとても美味しい柿です。特に産地では全体で環状剥皮処理(上記写真参照)やマルチ敷設を行ない、早期出荷に取り組んでおり、品質ではカラーセンサー設備により、色・形・傷など厳しく選果し、高品質な柿を生産しております。
よく「柿が赤くなると医者が青くなる」と言いますが、柿にはいろいろな効能があります。特にビタミンCは柿一個で1日の必要量を満たしてくれるほか、美肌効果、生活習慣病の予防などに効果があり、ポリフェノール類(タンニン・アントシアニン・カテキンなど)は動脈硬化や発ガン防止、高血圧予防、二日酔い、風邪予防、利尿作用など様々な効用があると言われているとても健康な果実です。
柿の中で一番早く収穫され、たいへん甘くてジューシー、柔らかくて食べやすく、健康的にも優れている和歌山県産「刀根早生かき」をこの時季、是非お召し上がりいただき、一足早い秋の味覚を存分にお楽しみください。

※JA紀北かわかみの柿に関する情報など詳細についてはJA紀北かわかみのホームページをご覧ください。
■柿のミニ知識
刀根早生かきは、渋かきを渋ぬきしたものですが、ところでどうして柿には「甘かき」と「渋かき」があるのでしょう?。
これらの違いは渋み成分「タンニン」が口の中で溶けるかどうかで決まります。幼果期はどちらも可溶性タンニンを含みますが、甘かきの場合は成長するにつれ、果肉などからアルコールなどの揮発性物質が発生し、これによってタンニンが不溶性に変化して口の中で溶けなくなり、渋みを感じなくなるのです。渋かきはその揮発性物質があまり発生しないため渋く感じるのです。

■美味しい柿の選び方
へたの形がきれいで、へたが果実に張り付き果実との間に隙間(へた隙き)のないものが良い柿です。隙間があると虫が入り込んでいる可能性があります。
また果皮がしっかりとして色味が均一で赤みがあり、大きくて重みのあるものを選ぶましょう。
■販売担当者
執行役員 果実第二部 部長
内藤 常夫


今月のおすすめくだもの


くり(茨城)
栗(茨城)

■品 名
■品種名
■産 地 茨城県 各地より
■入荷時期 9月中旬〜10月下旬
■最盛期 9月下旬〜10月中旬
■担当者からのコメント
全国栗生産量の約30%を占め、全国一の生産量を誇る茨城県内各地より、秋の味覚を代表する「栗」が9月から10月にかけ、本格的に出回ります。
栗は日本民族の歴史とも深い関わりをもっており、青森県の三内丸山遺跡からも発掘されています。近年は身近な食べ物となりましたが、昔は非常に高価なもので一般庶民にはとても手の届かない食べ物だったようです。ちなみに栗は大きく分けて4つの種類があります。
国内で一般的に売られている日本栗、天津甘栗でおなじみの中国栗、マロングラッセなどに使われる西洋栗、そして日本ではあまり見かけないアメリカ栗です。見かけはあまり変わりませんがそれぞれ地域に合った特徴があります。日本栗は野生の芝栗を品種改良したもので果実が大きく風味がよいのが特徴。しかし甘みがやや少なく渋皮がはがれにくいのが難点です。
栗の品種は早生種が玉造、丹沢、出雲、大峰、国見など、中生種が筑波、銀寄、利平など、晩生種は石鎚、岸根などです。
栗は種子ですのでナッツ系の果実です。しかし比べてみると他のナッツ系は脂質が多いのですが、栗はでんぷんが多く、脂質が少ないヘルシーな果実です。しかもナッツ系の特徴であるミネラルが豊富です。栗のでんぷんは、樹上でとれる浄化された貴重なでんぷんで、粒子がとても細かいことから上品な味わいを生んでいます。熱量は果実類で一番。少量効率のよいエネルギー補給食品といえます。たんぱく質や、ビタミンA・B1・B2・C・カリウム・食物繊維なども比較的豊富であることから高血圧予防、動脈硬化、風邪予防、美容効果、疲労回復、老化防止、便秘改善などにも効果があるといわれています。
皮むきに一手間かかりますがその手間がまた楽しい、今が旬の秋の味覚の代表、茨城産「栗」を是非お召し上がりください。
(9月24日の十五夜のお供えなどにも是非ご利用ください。)
■美味しい栗の選び方
栗皮に張りと光沢があってずっしりと重みがあるもの。古い栗は水分が減っているので重みがなく、味も風味も落ちています。
当然ですが、傷が付いていたり黒っぽく変色していたり、穴があいているものは避けましょう。

■栗の保存法
栗はかたい果皮に包まれていますが、保存はあまりききません。
時間が経つと水分が飛んで実が収縮して味が落ちたり、虫に食べられたりするので購入したら早めに食べるようにしましょう。
保存するときは新聞紙などに包んで冷蔵庫に入れます。また多少風味は落ちますが、冷凍すれば半年間ぐらいは保存することが可能です。この場合はよく洗ってから水気を切り、ポリ袋などに入れて冷凍庫に入れます。食べるときはそのままゆでればOKです。

■栗の渋皮について
最近分かったことですが、渋皮にはポリフェノールの一種であるタンニン・プロアントシアニジンを多く含みます。この物質は体の活性酸素を取り除き、ガンに効くとか?。
■販売担当者
蔬菜部 常務取締役
志賀 一義


今月のおすすめくだもの


いちじく(いわき)
いちじく(いわき)

■品 名 いちじく
■品種名 桝井ドーフィン
■産 地 福島県 JA福島みらい など
■入荷時期 9月上旬〜10月下旬
■最盛期 9月下旬〜10月中旬
■担当者からのコメント
福島県いわき地区の温暖な気候を活かして栽培されている「いちじく」の出荷がいよいよ今月より始まりました。
いわき市では平成2年に新たな転作作物として四ツ倉・大野地区で導入され、大野地区を中心に久ノ浜・四ツ倉・大浦・平・夏井地区などにも広がってきております。
現在栽培されているいちじくは「桝井ドーフィン」という品種で大玉で甘味があるのが特徴です。この品種は寒さに弱いため、いわき市が経済栽培の北限であると考えられまいちじくの花す。
今年産は台風の影響が若干あり、9月上旬の出荷量は多くはないが、徐々に回復し、中旬からはピークに入っていく模様で、10月までの販売となるでしょう。
いちじくは漢字で「無花果」と書きますが花がないわけではありません。いちじくは実の中に小さな花をつけるため、外からは確認できないのです。果実を半分に切ると赤いつぶつぶがたくさん詰まっていますよね。それが花です。いちじくは花の部分によって独特の食感を生み出していたのです。
いちじくには比較的多くカリウムを含んでいます。カリウムは血圧を下げる効果があるので、高血圧や動脈硬化などの防止に役立つでしょう。ペクチンをはじめとした食物繊維も多く含まれているので便秘改善にも期待できます。またいちじくにはフィシンというタンパク質分解酵素が含まれています。食後のデザートとして食べれば消化を促進してくれるでしょう。切断部から出てくる白い液体にもタンパク質分解酵素は含まれていて、イボ取りなどの民間療法に使われています。
これから秋の旬の味覚、いわき市の戦略作目にも指定されている美味しいいわき産「いちじく」をぜひこの時季たくさんお召し上がり上がりください。
■いちじくの名前の由来
毎日1つずつ熟すことから「一熟」→「いちじく」となった説や、ひと月で実が熟すため「一熟」→「いちじく」となった説もあります。また呼び名としては南蛮柿(なんばんがき)、唐柿(とうがき)といわれることもあります。

■美味しいいちじくの見分け方
ふっくらと大きくて果皮に張りと弾力があり香りのよいものを選びましょう。へたの切り口に白い液がついているものは新鮮な証拠。お尻の部分が裂けそうになり、へたのところまで赤褐色に染まると食べ頃です。果皮に傷があるものやしなびているもの、お尻の部分が割れすぎているものは避けた方がよいでしょう。

■いちじくの保存法
乾燥を防ぐためビニール袋に入れて冷蔵庫の保存室へ、日持ちしないので早めに食べきりましょう。食べきれない場合は、シロップで煮てコンポートにしたり、ジャムにするという手もあります。
いちじくの皮はバナナのように軸の部分からむくと食べやすいでしょう。
■販売担当者
果実第二部 課長補佐
吉田 賢治



株式会社 平果
〒971-8139 福島県いわき市鹿島町鹿島1番地 TEL 0246-29-6211  FAX 0246-29-6220 E-mail soumu@heika.co.jp